さて、いよいよ明日1/27(金)と2/11(土)に開催される2016年シーズン最後「冬」の投影が始まります。

今回の冬の香り、テーマは『 Earth 』~大地~。

真っ暗な宇宙にあるどこかの星の荒涼とした大地にたたずみ大きな青い地球を見ている。

地球って本当にキレイって心から思いました。

 

ただのイメージなのに、妄想が膨らんだ私の脳からそのイメージが離れません。

そんな妄想の中でブレンドしました。

しかも宇宙に香りがあるのかどうかわかりませんが、あったとしてもすっごく寒いから匂いなんて分からないと思うのです。

 

宇宙の冷たい空気と青い地球と大地の匂い。

今回の香りはそんなブレンドです。

 

ベルガモット

グレープフルーツ

シナモスマ・フラグランス

ユーカリ・ラディアタ

エレミ

パチュリ

クローブ

 

以上の7種。

なんとなくイメージできる方もいらっしゃるでしょう。

 

それでは、それぞれの香りの説明です。

 

ベルガモット Citrus aurantium ssp.bergamia

イタリアの小都市ベルガモで最初に栽培されたことから名付けられたミカン科の植物で果皮を圧搾して得られる精油は淡い緑色をしています。

紅茶のアールグレイの香りづけに使われることでも知られていますね。

透明感と甘さを兼ね備えたベルガモットの香りは、多くの柑橘類の主要成分であるリモネンを50%程度と神経バランスを整えるエステル類酢酸リナリルを45%含みます。なので香りが爽やかな上にストレスケアには最適な柑橘系精油です。

中枢神経を鎮静させ、ストレスからくる食欲のバランスを調整してくれるという説もありますよ。(嬉)

※お肌に塗ってすぐ直射日光に当たると日焼けを起こすので、注意が必要です。

 

グレープフルーツ Citrus paradisii

ベルガモット同様ミカン科の植物です。グレープフルーツの名前の由来はブドウの房のように実ががなるからだそうです。

精油の香りそのものにはダイエット効果はないのですが、空気をきれいにしてくれるうえに気分がリフレッシュしますので芳香浴にはオススメです。

※お肌に塗ってすぐ直射日光に当たると日焼けを起こすので、注意が必要です。

 

シナモスマ・フラグランス  Cinnamosma fragrans

カネラ科の葉から採れる精油で薬草の島マダガスカルではこの植物のことを魔除けの意味の名で呼んでいるそうです。

精油として登場したのは数年前なのでまだまだ知らない方も多いと思います。

風邪の予防にオススメの芳香分子である酸化物類1.8シネオールを含みラヴィンツァラと香りがにているのですが、ラヴィンツァラよりも軽い香りです。

インフルエンザが流行るこの季節おすすめの香りです。

 

ユーカリ・ラディアタ Eucalyptuus radiata ssp.radiata

オーストラリア原産のフトモモ科のユーカリの精油はご存知の方も多いですよね。

前述のシナモスマ・フラグランスやラヴィンツァラにも含まれる酸化物類1.8シネオールを約70%前後含みます。

やはりインフルエンザの流行るこの季節におすすめです。

 

エレミ Canarium luzonicom

フランキンセンスと同じカンラン科で樹脂を水蒸気蒸留して採られる精油です。

柑橘系精油の主要成分であるリモネンを約60%前後含みレモンに似た香りの中にスパイシーさを併せ持っています。

フランキンセンス同様瞑想に使われるそうですが、フランキンセンスより安価で呼吸器系にも良い働きをするのでお部屋の香りとしてもオススメです。

 

パチュリー Pogostemon cablin

シソ科の葉から採られる精油で埃っぽい濃厚な香りがします。

精油の中では数少ないベースノート(揮発速度が遅い)なので、香水の保留剤として使われます。

今回のイメージで最も使いたかった香りです。

会場では香りを楽しんで頂くための試香紙が配られますが、2日目に試香紙を嗅いだときに香るのがこのパチュリーです。

※ただしホルモン系の疾患のある方は注意が必要な精油です。

 

クローブ Eugenia caryophyllus

ユーカリ・ラディアタと同じフトモモ科の蕾から採られる精油です。

和名を丁子(チョウジ)といいますが、香りは歯医者さんの匂いとでもいいましょうか、とても強い香りがします。

作用も強くて、含まれているオイゲノールの抗菌力が抜群です。

パチュリーやオレンジとの香りの相性がとても良いのですよ。

体を温めてくれるので、私は寒い日にスパイスコーナーで買ったクローブをお酒やミルクティー、ハーブティーに入れて飲みます。

また抜群の抗菌力を期待してウォッカにクローブ2〜3本と乾燥させたタイムを2週間ほど浸したものをお水で薄めてマウスウォッシュとして使います。

※ただし妊娠中の方には注意が必要な精油です。

 

以上です。

 

最初に宇宙の冷たい空気と青い地球、最後に大地の香りが鼻腔に残るブレンドです。

 

今回は注意が必要な香りをブレンドしていますので、気になる方は試香紙を嗅がないで下さいね。

 

明日1/27(金)は午後7時の回と8時の回にお席の余裕があるそうです。

よかったら、ぜひお試しください。

 

お席の予約は、新潟県立自然科学館 025−283−3331

 

starrynight2016

保存保存


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

アロマの資格をとる

hana*kikuはNARD JAPAN 認定校です。 詳しくはhana*kiku ホームページをご覧下さい。

英国式アロマトリートメントサロン

新潟市中央区古町通2番町にあるアロマとハーブの店hana*kikuの2階にあるアロマトリートメントサロンです。 ショップの奥にある勾配のきつい階段を上がると、旧い町家のおちついた空間にサロンがあります。障子からこぼれる優しい陽射しと古い木のぬくもりを感じさせる空間でくつろぎのひと時をお過ごし下さい。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM